シミ・ソバカスの悩み

二十代の頃は職種が営業職であったため、イヤでも炎天下の下にいることが多い環境でした。

二十代で受けた紫外線のダメージが蓄積されると、その後三十代、四十代のシミやソバカス、またはシワに繋がるということは知識としてあったので、予防として日焼け止めクリームを常時つけることや、または飲む日焼け止めとしてサプリを服用したり、日傘を使うなどあらゆる努力をしました。

しかし、やはり接客業なのでどうしても紫外線予防としての外での日傘を使うことが出来なかったり、営業車の窓ガラスがUVカットになっていなかったことなど、どうして防ぎきれない場面も多々ありました。

そういった二十代を過ごし、現在三十代に突入した頃には、やはりその当時受けたと思われる紫外線のダメージが如実に現れてきました。いざしみシワが出来てきて分かったことは、顔の中でも、頬骨など高い部分のシミが他の部位より多く出来るといったことです。またやはり営業車で運転していた時にダメージを受けたとみられるところに、手のこうのシミが多いことです。

もう出来てしまったものは仕方がないとハラをくくりますが、アンチエイジングに効果がある食品を多く摂るなど食生活の改善などや、レーザー治療等の美容整形など、自分の出来る範囲でしみシワ予防を行っていきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする